ビットコインを使用しアルゼンチンとパラグアイの最初の取引が完了

アルゼンチンは、支払い方法としてBitcoinを使用してパラグアイに製品を輸出する最初の取引の完了を発表しました。

農薬と燻蒸製品の出荷は、ビットコインで支払われる商品の最初のバッチでした。この取引は、暗号通貨が個人間の支払いと同様に、国際貿易のレベルで信頼できる支払い方法として働くことができることを示しています。ビットコインで支払われる当事者の少額にもかかわらず、そのような取引の執行の事実は注目に値する。

この取引では、アルゼンチンはBitex社のサービスを使用しました。支払いは、15,000ドルを超えない、少額の支払いが可能なEsporta Simpleプログラムの条件の下で行われました。

ビットコインニュースの続きはこちら:世界でBitcoinを受け入れている上位11の都市

今月初め、公共交通機関の支払いに使用さているアルゼンチンスーベのスマートカード(SistemaÚnicode BoletoElectrónico)にビットコインを補充できることが知られるようになりました。これらのカードは、首都ブエノスアイレスを含む37都市で、バス、電車、地下鉄、モーターボートでの移動に使用されます。

パラグアイは、ブロックチェーンと暗号通貨の分野でも常に発展しています。そのようなプロジェクトの1つは、パラグアイにマイニングセンターのネットワークを立ち上げるという、Bitfuryと韓国のCommons Foundation の計画でした。

ソース:bits