楽天はビットコイン(BTC)と他の暗号の受け入れをすぐに開始します

日本のアマゾンとして知られているe-コマースの巨人 – 楽天 – は近い将来に暗号化分野を探索し、そのプラットフォームにBitcoin(BTC)と他のデジタル通貨を統合しようとしています。2月12日に発表されたレポートによると、同社はモバイルアプリケーションプラットフォームであるRakuten Payのメジャーアップデートを発表した。

モバイルアプリは一ヶ月以内に起動するように設定されており、それはフィアットに加えてデジタル通貨の支払いと統合されるかもしれません。発表によると、アプリケーションの新しいバージョンは1つのプラットフォームに埋め込まれたすべての支払いソリューションが付属しています。これは、それがBitcoin(BTC)や市場で他のトップデジタル通貨のサポートを発表することの間接的な道筋であるかどうか疑問に思うことを多くに残しました。

ビットコインニュースの続きはこちら:世界でBitcoinを受け入れている上位11の都市

楽天はAmazonに比べてデジタル資産にオープン

米国での相手方 – アマゾン – はデジタル通貨の統合に関しては何も述べていないが、楽天はデジタル資産の考えにもっと融通がきいた。先月、同社は、デジタル通貨取引プラットフォームEverybody’s Bitcoinを新しい支払い子会社にするために、企業構造を変更したとしている。

デジタル通貨取引プラットフォームは、昨年8月に240万ドルで購入されました。その当時、それはオンラインショッピングプラットフォームでのデジタル通貨支払いの最初の足がかりとして歓迎されました。最近報告書で確認された楽天の構造は、同社が支払いのためにデジタル通貨を受け入れる準備をしていることをさらに裏付けるものである。

さらに、このレポートでは、支払いのためのQRコードスキャンの実装を含む、Rakuten Edyという会社のプリペイドカードサービスの更新についても説明しています。これは、デジタル通貨の導入がもうすぐ始まったことを示すもう1つの明らかな兆候です。この報告書はまた、楽天がビットコイン(BTC)を支払い手段として受け入れ始めた際の楽天の影響に興味を持っているデジタル通貨投資家にとって強気であることも証明した。

レポートによると、同社の純利益は昨年28.4%増加し、純資産は合計13億ドルとなった。デジタル通貨は1月に大幅な下落を経験した後横に取引されているという事実にもかかわらず、2019年はすでにビットコイン(BTC)と他のトップデジタル通貨の採用のための良い年として始まっています。

US SEC(証券取引委員会)がある時点でBitcoin(BTC)の上場投資信託に緑色の光をあてること以外は検討していないため、デジタル通貨への機関投資の問題はもはや「if」ではなく「いつ」です。 」

楽天などの電子商取引プラットフォームを介したデジタル通貨の採用の増加に伴い、3月の支払いプラットフォームの更新にデジタル通貨が実際に含まれていると仮定すると、業界の専門家の多くが求めている実を結びます。弱気相場はまだ終わっていないため、デジタル通貨の価値は急落し続ける可能性がありますが、ビットコインとデジタル通貨の採用は過去最高となる傾向があります。

先週のEthereumworldnewsによるレポートによると、Tron FoundationはALS協会と協力してブロックチェーンによる寄付の追跡を強化しています。さらに、流動性のために直接XRP(XRP)を使用するRippleの製品の1つであるxRapidは、トップファイナンシャルプレーヤーのBarclaysとMasterCardからの投資を見ています。

デジタル通貨の分野はまだJPモルガンのデジタル通貨 – JPMコインの発表から回復していない – それは銀行のCEOが約1年前に押していたメッセージからのUターンであるように思われる。

ソース:smartereum