Amazonの子会社がAmazon Managed Blockchainを発表

 

4月30日のBusiness Wireの発表によると、小売大手アマゾンとその子会社であるアマゾンウェブサービス(AWS)として知られるクラウドコンピューティングプラットフォームは、そのアマゾン管理ブロックチェーン(AMB)サービスをリリースした。

ブロックチェーンをサービスとして作成する場合、AMBは一般に利用可能になりますが、AWSでは、顧客が組織内にブロックチェーンネットワークを設定できるようにする予定です。AWSによると、AWBプラットフォームはEthereumおよびHyperledgerフレームワークを使用しており、数千から数百万のトランザクションをどこでもサポートできます。企業にプラットフォームへのアクセスを許可することで、Amazonは、企業がより効率的に、より少ない予算で自分のネットワークを開発できるようになると述べています。

AWSのAmazon Managed BlockchainのゼネラルマネージャであるRahul Pathakによると、AMBは「ハードウェアのプロビジョニング、ソフトウェアのインストール、アクセス制御用の証明書の作成と管理、およびネットワーク設定の構成」を不要にします。

Business Wireを介したAWSの発表によると、このプラットフォームを使用している大手企業はすでにいくつかあります。これらの企業には、AT&Tコミュニケーションズ、ネスレの飲食店、およびシンガポールエクスチェンジリミテッドが含まれます。

ソース:chepicap