Aeron(ARN)がBinance Chainに移行するための第5のEthereumプロジェクトになる

 

フライトログの改ざんや改ざんを防止するための航空ブロックチェーンプロジェクトである Aeron ARN)は、Binance ChainとそのBEP2トークン規格を採用することを発表しました。

最近の発表によると、Aeronは「安価な取引」と「速いブロックチェーン」のために他の技術の代替案を検討した後、Binance Chainへの移行を決定しました。

「Binance Chainが追加機能の開発と有効化を継続しているため、Aeronはこれらの開発を綿密に追跡し、BEP2 ARNトークンアプリケーションに機能を追加します」とAeronチームは述べています。「私たちはBinanceとの長期的なパートナーシップのこの進歩に興奮しており、そして継続的な成功と多くの新しい画期的な成果を一緒に期待しています。」

特に、発表がARNの価格に与える影響は大きく緩和されており、Binance Chainへの切り替えが投資家の興味を刺激するには必ずしも十分ではないことを示しています。これは、他のEthereumベースのプロジェクトが、移行の意図を示した後に2桁の増加を見たためです。

ARNは現在、日中0.2%減の0.394991ドル、時価総額は775万ドルです。

ソース:sludgefeed