エレクトロニウムが約8800円のマイニングスマートフォンを発表【Electroneum】

Electroneumが80ドルの暗号マイニングスマートフォンを発表
サムスンの新しいフラッグシップS10の今後の発売を取り巻くすべての誇大広告と共に、別の会社がスマートフォンを発売しています。これは、しかし、暗号をマイニングすることができます。

Blockchainの新興企業Electroneumが月曜日にニュースを発表し、彼らの新しいM1スマートフォンはGoogle Mobile Service(GMS)認証を受けていると発表した。これはクラウドマイニング技術を搭載し、ユーザーはアプリを通じて暗号を稼ぐことができる。

さらに、スマートフォンの価格はわずか80ドル(日本円で約8800円)です。ただし、問題は、ElectroneumのETNトークンのみがマイニングされることです。同社によると、ユーザーは毎月「最高3ドルまで」の収益を上げることができるとのことです。マイニング機能が設定されれば、オフラインでもマイニングを実行できるという。

ETNトークンを使用しているユーザーは、モバイルトップアップ、オンラインサービス、ショッピングなどのサービスの支払いに使用できます。これは取引所でも取引可能で、執筆時点では1つのETNトークンが0.0072ドルをフェッチしています。

CoinDesk  技術的な詳細はほとんど提供されていないと報告していますが、この電話は4GとデュアルSIM機能を提供することが確認されています。

Electroneumは、低価格タグの理由は、開発途上国をターゲットとし、これらの市場でブロックチェーンと暗号通貨の採用を拡大するという戦略の一環であると述べています。

関連ニュース:Electroneum(‎エレクトロニウム/ETN) – Chris GormanがGSMAインテリジェンスに参加

Electroneumのオペレーション責任者であるNick Cook氏は、CoinDeskに次のように述べています。”M1は地元の販売業者を通して販売されるでしょう。”

Electroneumの創設者兼CEOのRichard Ellsは次のように述べています。

「南アフリカは私たちにとって明らかな選択でした。われわれは国内で大規模な調査を実施し、回答者の97%がETNを使用してモバイルの放送時間とデータの支払いを希望すると回答しています。」

ソース:chepicap