EOSの最新情報が「テストネットでほぼ3倍の持続的スループット」を達成:Dan Larimer

 

Block.oneのCTO(最高技術責任者)であるDaniel Larimer氏は、EOSネットワークコードの「最近の更新」は「大規模テストネットでの持続スループットがほぼ3倍になる」ことを明らかにしました。

分散アプリケーション(dApp)を構築および展開するための世界最大のプラットフォームの1つであるEOSは、過去24時間で1万31000人以上のユーザーがEOSベースのdAppに1880万ドル(約300万個のEOSトークン)を費やしています。

これは、DappReview(@dapp_review)のデータによると、上位3つのEOS dAppのEOSトークン使用量は約800万ドルであることが明らかになりました。

「何千もの大小中小企業」がEOSネットワークに参加する
Larimer 氏によると、21社のブロックプロデューサーが1日中、Google、Amazonなどの大手テック企業を含めることができるかどうかについての質問に答えては「メジャーとマイナーなプレーヤーによってホストされる何千ものBPを運営する」と想像しています。

興味深いことに、Larimerは、ブロックチェーンが「従来のデータベースやビジネスロジックの大部分を置き換える」と予測しています。この移行の間、Block.one CTOはEOSが企業や組織のレガシーシステムの分散プラットフォームへの移行を支援する主導的役割を果たすと考えています。

中央集中型システムは、集団の自由を犠牲にして個人が私的貯蓄を怠るという囚人のジレンマを利用しています。このジレンマを打破するには、個人が利益または分散型システムの集中管理に関する原則を重視する必要があります。パラドックス

集中型プラットフォームの固有の問題に関するラリマーのコメントに応えて、TwitterユーザーのAdam Dorfman(@ AdamDorfman00)は、暗号のパイオニアがパラドックスに対する答えを「受け入れる」かどうかを尋ねました。

「私は新しい情報で私の意見を変えた長い歴史を持っています」
ラリマーはこう述べた:

私はすべてのアイデアを受け入れたり考えたりしてみて、新しい情報で私の意見を変えてきた長い歴史を持っています。

先月、ラリマーは主張しました、委任証明(DPoS)ベースのブロックチェーンネットワークは、作業証明(PoW)を使用した暗号化プラットフォームと比較した場合、より簡単にアップグレードできるとてました。

BitSharesとSteemの創設者の言葉によると:

計算やアルゴの飛躍的な進歩が発見されると、作業の証明が完全に集中化されます。技術の進歩にかかわらず、dposは分散されたままになります。dposを簡単に分岐できますが、新しい耐性のある作業証明を作成するのは非常に困難です。

ソース:cryptoglobe