Fieldcoin仮想通貨エコシステム – 単なる土地管理プラットフォーム以上のもの


これまでに、ブロックチェーン統合によって農地所有市場に革命を起こすことを約束するFieldcoin土地トークン化プロジェクトについて聞いたことがあるでしょう。

Fieldcoinはここ数年、世界中の小規模および大規模な投資家が農地の一区画を購入できるようにすることを目的としたブロックチェーンベースのシステムを開発してきました。バーチャルトークンを利用した投資方法の開発を通じて、Fieldcoinは複雑な国際的な税金や法的な懸念を必要とせずに、これまで達成できなかった土地をあらゆる投資家に提供します。

オンラインプラットフォームは、投資家や地主が地理的な位置に関係なく貿易取引を簡単に締結できる国際市場を提供します。このコアビジネスサービスを超えて、Fieldcoinは、追加の不動産サービスおよびビジネス関連サービスをサポートするためのエコシステム全体も開発しました。

フィールドコインエコシステム

初期統合
Fieldcoin Ecosystemは、投資家が自分のFieldcoin(FLC)トークンを使用して土地を請求し、資産をトークン化し、クラウドファンディングや管理サービスなどのさらなる活動を実行するためのプロセスを定義します。

Fieldcoin募金活動でFLCトークンを最初に取得した後、個別のLANDトークンが作成され、物理的な農地の割合を表す投資家に配布されます。これは投資家をFieldcoinシステムに完全に統合し、管理プラットフォーム上のすべてのサービスを開きます。統合中、安全な保管と可用性のために、関連するすべての法的および所有権情報がブロックチェーンに記録されます。

追加サービス
投資家が資産の形で土地の所有権を取得すると、クラウドファンディングやローンの担保などの追加サービスにその土地を利用できます。エコシステムはさらに、アグリビジネス部門におけるサービスの向上に焦点を当てたプロジェクトを立ち上げるためのプラットフォームとして活用することができます。サプライチェーンのロジスティクスから作物や種子の品質まで、すべてFieldcoin独自のシステムを使って研究し、改善することができます。

センサーやドローンなどの新しい技術は、最終的に土地所有者に彼らの財産の開発のあらゆる側面を監視し管理するためのはるかに大きな能力を与えるでしょう。ブロックチェーン技術の追加により、詳細な情報と統計を世界規模で投資家、農家、土地所有者に提供することができます。

第三世界諸国における成長機会

Fieldcoinのビジネスモデルの一部には、途上国の農民の労働条件の改善に資金を再投資することが含まれています。Fieldcoinの事業を通じて発生した利益の一部は、土地が購入された地域での教育と雇用の促進に使用されます。

Fieldcoinは、それを最も必要としている人々への水や電気などの基本的なユーティリティの供給を改善するためのプロジェクトに資金を供給するように働きます。輸送ルートや道路インフラなどの物流上の懸念もまた、追加のFieldcoin資金から恩恵を受けるでしょう。

先を見据えて
今年4月の2回目のプリセールスラウンドが無事に完了したことを受けて、Fieldcoinは今年の第3四半期に運用プラットフォームのベータ版を発売する予定です。それと間もなく、同社は10月8日に公式のField Coin Offering(FCO)を開始する前に、最初の土地をトークン化する予定です。

Field Coin Offeringは、2020年2月12日まで開催されます。その間、Fieldcoinは西ヨーロッパ全体の農地のマッピングに取り組みます。2020年の第1四半期と第2四半期には、Fieldcoin電話アプリケーションのフルバージョンと最終的なデスクトッププラットフォームが発表される予定です。

メディアとイベントにおける認識

Fieldcoinsの革命的な農業エコシステムは、Tech London、El Economist、Hackernoon、ICO Examinerなど、多くの注目を集めるメディアプラットフォームで紹介されています。

このプロジェクトは、消費者技術協会のCESイベント、Magna Numerisプロジェクト、そして毎年恒例のイノベーション・ウィークなどのイベントを通じて、プロモーションの機会を得ています。

ソース:cryptocoinspy