IOTA(アイオタ)イギリス議会でブロックチェーンの使用を強調するライブデモを実演

ブロックチェーンの使用を強調するために英国議会でライブデモを行うIOTA

来週の初め、つまり3月12日、IOTA英国議会で実演を行います。

このイベントでは、国会に出席する 4 社の大手ブロックチェーン会社が展示され、ブロックチェーン技術への応用とさまざまな業界への影響が実演されます。

これらのプロジェクトはIOTA、世界貿易のための世界で14番目に大きいブロックチェーンを含みます。他の当事者は、保険、請求、および取引決済のためのロンドンマーケットターゲットオペレーティングモデル(LMTOM)プログラムに代わって、Oracle for Retail、Everledger for Diamond、およびLloyd’s of Londonを関与させています。

機械の主通貨としてのIOTAの確立

「IoTメッセージングと支払いの世界標準」になるように設計されたIOTAは、それらに取り組んでいます。この標準に従うQubicは、無料トランザクションによってさらに可能になりました。

「IOTAの目標は、プロトコルの採用を達成し、IOTAをマシンの主要通貨として確立することです。この採用を可能にし、さらに促進する環境に本社を置き、規制されていることが最も重要です。ドイツは正しい環境を提供してくれます。」

金曜日にツイートしたIOTA Token News。

関連ニュース:IOTA(アイオタ)対応のウォレット6選!ベストのウォレットはなに?

ソース:bitcoinexchangeguide