IOT​​AがEUブロックチェーン協会の設立メンバーとしてIBM、SWIFTに参加

 

IOTA財団は、他の新興企業や大手企業と協力して、ブロックチェーンの採用の合理化を促進し、規制ガイドラインの標準化を支援する団体を結成しました。新しい組織は、共有されたDLT標準と、世界的にまとまりのある規制および政策の枠組みの開発を支援します。

広範囲の採用と​​成長に不可欠

ベルリンを拠点とするブロックチェーンと暗号通貨のスタートアップは、2019年4月3日のブログ投稿で、国際信頼ブロックチェーンアプリケーション協会(INATBA)の創設メンバーになることを発表しました。それには、IBM、SWIFT、Rippleなどがあります。

IOTA Foundationの共同創設者兼共同議長のDominik Schienerは、次のように述べています。

「分散型の台帳およびブロックチェーンテクノロジを中心とした規制の枠組みを開発することは、その広範な採用と成長に不可欠です。私たちはこの取り組みを主導するために独自の公的規制問題チームを設立し、INATBAの創設メンバーの一人になることを楽しみにしています。」

必要な規制への取り組み

IOTBAの社会影響および公的規制問題担当ディレクターであるJulie Maupin博士は、INATBAの理事会を務める予定で、IOTAと6大陸からの70以上のパートナーを集めてブロックチェーンと分散元帳のためのインテリジェントなグローバルガバナンスフレームワークを作成テクノロジ

IOTAは欧州委員会、学術機関、政府機関、新興企業などと提携して、分散型元帳を最大限に活用できるようにするためのグローバルなガバナンスフレームワークおよびテクノロジ標準を開発しています。

INATBAの主な目的は、ブロックチェーンベースの新興企業や大企業が、EU地域におけるDLT業界の完全な発展と採用を可能にするために必要な規制イニシアチブについて議論する機会を提供することです。新組織の優先事項として挙げられている分野には、相互運用性、透明性、包括性があります。INATBAはブリュッセルで、2019年4月3日に発売されました。

続きを読む:IOTA(MIOTA) – ハノーバーメッセ2019がキックオフ:このイベントは富士通などのパートナーが含まれる

 

ヨーロッパが効果的に競争するのを助ける

このイニシアチブは、2018年4月10日の欧州委員会ラウンドテーブルで開始されました。その時、22カ国の欧州諸国が欧州ブロックチェーンパートナーシップ(EBP)に署名し作成しました。汎ヨーロッパブロックチェーン規格の導入は、この新技術をめぐる競争においてヨーロッパがアジアや北米と効果的に競争するのを助けることを目的としています。  

IOTAは引き続きブロックチェーンコミュニティの好意を享受し、他にはTangleと呼ばれるDAGテクノロジに基づくモノのインターネット(IoT)ニッチ分野で先駆的な優位性を得ています。

IOTAのTangleは、伝統的な分散元帳テクノロジの高度な形式と見なされており、今後も多くのユースケースが寄せられています。BRが報告された、富士通は、それゆえ、ハノーバーメッセでIOTAを紹介IOTAの潜在意識と採用が増加しています。

ソース:blockchainreporter