Cry3を採用しながらPay360がPumaBay Crypto Payment Systemを採用して伝統と革新の融合点を作成

今年は、暗号ソリューションが従来のさまざまな支払いソリューションやサービスにますます浸透しているようです。

多くの専門家は、暗号ソリューションの目的は銀行、金融機関、および他の決済サービスプロバイダーを殺すことではなく、彼らと協力してより革新的なソリューションを開発することであると説明しました。

CapiaによるPay360はFTSE250によって所有されています、そして、支払いサービスプロバイダーはユーザーに最新の、次世代に最適化された支払い、高められたセキュリティと様々なコンプライアンスソリューションを提供することを目指します。

彼らは民間および公共部門でも活動しており、その顧客は地方自治体からゲーム部門に関わるものまでさまざまです。

CapiaによるPay360はPumaPay暗号支払いシステムを採用
CapiaによるPay360は、クレジットカードのような伝統的な支払いソリューションとブロックチェーンに基づく革新的なソリューションの理想的な組み合わせを表すブロックチェーンベースの支払いソリューションPumaPayを採用することを決めました。

このシステムは、伝統的なものと革新的なものとの混在を完全に反映しています。

Pay360の主な焦点は、支払い処理プロセス中に発生する可能性があるあらゆる種類の複雑で無用な問題を企業が回避できるよう支援することです。

最終的な目標は、最高レベルのセキュリティとシームレス性を備えた暗号トランザクションを確実にすることです。

PumaBayのPullPaymentプロトコル
このプロトコルの主な目標は、日々の暗号トランザクションの柔軟性を高めることです。それは、私たちがクレジットカードで経験しているより多くの支払いシナリオと従来の請求を組み合わせることによってこれを実現します。

PumaPayのソリューションは現在、独自のエコシステムを構築しています。これには、関心のあるすべての企業が自社の製品を宣伝できるようにするための複雑なマーケットハブも含まれます。

PumaPayは、世界中の誰でも使用できる暗号化支払いグローバルシステムへの成長に焦点を当てています。そして、誰でも、個人と企業を問わず使用できます。

これを達成するために、エコシステムはビジネスコンソールとPumaPay Pride、我々が上述したマーケットハブを開発しています。

PumaPayのCEO、Yoav Drorは、次のように述べています。「PumaPayでは、企業が慣れ親しんだ支払い方法を使用して暗号化支払いを簡単に受け付けることができる包括的な支払いシステムの実装に向けて取り組んでいます。」

Drorは続けて、PumaPayがすべてのビジネスとそのロジックに合うように技術を調整するため、テクノロジーを適応させるためにビジネスはビジネスロジックを変更する必要はないと説明しました。

CapitaのPay360のマネージングディレクターであるStephen Ferryは、パートナーシップについて次のように述べています。

「CapitaによるPay360は、当社の商品をさらに強化するためにPumaPayの暗号支払いおよび請求プロトコルを採用することを約束しました。私たちは、同じビジョンと価値観をPumaPayと共有し、それらを統合することは自然な同盟関係であると信じています。」

どちらの企業も暗号の採用を促進しており、ブロックチェーン技術によって生み出されたイノベーションの波に乗ることをはるかに容易にしています。

PumaPay

Posted by altcoin