Qtum、エンタープライズブロックチェーンソリューションのUnitaを発表

 

Qtumは、企業で採用するための新しいブロックチェーンソリューションを発表しました。Unitaと名付けられたこの新しいプロジェクトは、毎秒10,000以上のトランザクションを処理することができる完全に自動化されたデータストレージと転送プロトコルです。

Qtumのプレスリリースによると、UnitaプロトコルはQtumの既存のソリューションの上に構築するためにスケーラブルコンセンサスアルゴリズム(SCAR)を利用するでしょう。容易さとスケーラビリティに加えて、QtumはUnitaのSCARがかなりの量のディスクスペース、帯域幅と他のネットワークリソースを節約すると言います。

さらに、QtumのUnitaは、クロスチェーン取引、データ管理、および1日あたり何百万ものトランザクションを処理することを可能にする追加機能を備えた、シンプルなワンクリック展開も特徴とします。ユーザーはまた、許可されたUnitaチェーンにプライベートデータを安全に保存してから、必要なデータをUnitaパブリックネットワークに転送することができます。

続きを読む:スターバックス、QTUMを通じて暗号通貨の支払いを最終的に承認

 

Qtumの新しいプロトコルは、特に問題点をターゲットにしているため、既存の企業がブロックチェーン技術をより簡単に採用できるようになっています。Qtum Foundationの最高情報責任者、Miguel Palencia氏は次のように述べています。

「スピードとカスタマイズは、ブロックチェーン技術を採用しようとしている企業にとって2つの大きな障壁です。斬新でスケーラブルな合意アルゴリズムと、開発者になじみのあるスマートコントラクトテクノロジおよびツールをブリッジすることで、ブロックチェーンを企業が簡単かつ効果的に展開できるようにしています。」
Qtum Foundation CIO Miguel Palencia
ブロックチェーン技術が勢いを増しているため、企業の資本をトークン化するか、またはブロックチェーンをネットワーク運用に直接適用しようとしている企業が増えています。どちらの実装も難しいかもしれませんが、Qtum’s Unitaのようなプロジェクトはそのプロセスを単純化し、ブロックチェーン対応ビジネスの新時代を迎える可能性があります。

ソース:cryptobriefing