VET仮想通貨NTTドコモと提携!将来性はあるのか?

分散型元帳テクノロジプロジェクトであるVeChain Thorは、堅牢なID管理ソリューションなどをユーザーに提供することを検討しており、これがNTTドコモとの戦略的提携契約のきっかけとなりました。NTTドコモは7000万人を超える加入者を抱える驚くべきユーザーベースを持つ日本最大のモバイルネットワークであり、この提携により、2020年までに稼働を目指す5GネットワークへのVeChainの統合が可能になるでしょう。

さらに進歩している

常に動いているブロックチェーン技術のエコシステムで重要な役割を果たすという戦略の一環として、VeChainはNTTドコモと提携しました。開発に近い情報筋によると、2020年に予定されている5GプロジェクトにモバイルネットワークがVeChainブロックチェーンソリューションを実装することを可能にするため、これは非常に重要な動きです。ソニー、MUFG銀行を含む地域の企業は数多くあります。 NTTドコモプロジェクトに既に参加している。
VeChainのチームは、新しい提携と、NTTドコモと同一視することで暗号通貨を非常に採用している国、日本を確実にすることができるという楽観的な見方に興奮を示しています。これにより、VeChainの評判とイメージが同時に向上します。

地面を作る

非常に多くのブロックチェーンと暗号通貨のプロジェクトが長い間失敗し、暗号スペースにかなりの影響を与えることに苦労していましたが、VeChainは安定した着実な方法で残っています。

VeChainはもともと2015年に上海交通大学の卒業生、Sunny Luによって設立されました。Renault、Hyperledger、PWC、Givenchyなど、世界中の多くの有名企業と提携関係を結んでいます。
最初は、VeChainEthereumスマートコントラクトブロックチェーン上に構築されていましたが、2018年8月にMainnetが発売されたことは興味深いものでした。同年12月には、Mainnet for VeChainが100万トランザクションを突破したという報告が出ています。

しかし現在のところ、VeChainネットワークには、DECENT.bet、BitOcean、KryptoMobileなど、暗号通貨を使用したゲームプラットフォームを含む多数のブロックチェーンプロジェクトがあります。