Vechain(VET)インドの新しいブロックチェーンコーヒー供給イニシアチブに最適なプラットフォーム

 

多くの組織がさまざまな分野でその利点を活用しようとしているため、ブロックチェーンテクノロジは成長し続けています。最近インドのコーヒーボードはそれがそのメンバーのためにブロックチェーンイニシエートを始めたと発表しました。

ブロックチェーン商品は、コーヒー生産者を最終消費者に結び付けることを目的としており、これにより仲介者の数が削減されます。Blockchainアプリは、国内のコーヒー製品の透明性とトレーサビリティを高める手段としても役立つでしょう。

インドからの報告によると、アプリケーションはそれが一握りのコーヒー生産者に限定されるであろう試用期間に開始されると予想されます。テストが成功した後、これは他のコーヒー生産者にも拡張されます。

Contents
  • 1. Vechainがコーヒーブロックチェーンアプリケーションに最適なプラットフォームである理由
  • 2. Vechain(VET)は製造業で採用実績があります

Vechainがコーヒーブロックチェーンアプリケーションに最適なプラットフォームである理由

インドによるこの動きは正しい方向への一歩ですが、Vechainプラットフォームを採用すればアプリケーションはより効果的になります。

これにより、国内の30万人以上のコーヒー生産者が、自分のコーヒーバッチに一意​​のIDを割り当て、それらをブロックチェーンネットワークに保存することができます。これはコーヒー生産者がエンドユーザーに連絡する前に彼らの製品がどこでどのような状態にあるかを知るのを助けるでしょう。

Vechain(VET)は製造業で採用実績があります

Vechain(VET)は、アプリケーション内で利用できる食品業界内のサービスも提供します。インドはコーヒー業界内での偽造を減らし、食品の安全性を高めたいと考えています。

中国でも同国でのワクチンの偽造を抑制するためにブロックチェーンのプラットフォームに参入したため、Vechainの利用は非常に簡単です。暗号通貨がインドで心から受け入れられるまでにはしばらく時間がかかるかもしれません。

コーヒー生産者はそのプラットフォームを利用して暗号通貨で支払いを受け取ることもできます。これは、取引がそのプラットフォーム内でより速く、より安全であるため、伝統的な平等通貨に勝る利点としてです。

続きを読む:Vechain(VET)が第2四半期に向けてパートナーシップを確保

 

最後に、Vechain(VET)は、製造から流通に至るまでのコーヒーに関するすべての情報にプラットフォームから簡単にアクセスできるため、製造業界でデータを追跡および共有するためのテスト済みで実証済みのテクノロジです。

ソース:todaysgazette